本文へ移動

院外発表

【院外発表・令和3年度】

*2021年1月

高知県作業療法士協会 令和3年度現職者共通研修会事例報告(オンライン) 
「頚椎症性脊髄症患者に対する食事動作に着目して」
作業療法士 鳴瀧 有那 
「情緒面の関わり方に難渋した脳卒中片麻痺患者~更衣動作の獲得に向けて~」 
作業療法士 西岡 孝太 
「正常圧水頭症を呈した症例 ~排泄動作獲得に着目して~」
作業療法士 井上 愛香

*2021年10月

高知大学医学部付属病院 オンライン肩肘カンファレンス(KOSEC+) 
症例提示  「後骨間神経麻痺症例のリハビリテーション」 
作業療法士 小野 佐記

*2021年11月

土佐市地域包括ケア意見交換会・症例提示 
「日中・夜間の排泄方法を再検討し、介護負担軽減につながった症例について」 
訪問リハビリテーション担当:理学療法士 宮元 洸

*2021年12月

高知県理学療法士協会・新人発表学術集会(オンライン) 
「転倒恐怖感が強い症例に対する杖歩行自立獲得を目指したアプローチ」 
理学療法士 大野 峻歩 
「脳出血右片麻痺患者の歩行能力改善に向けた取り組み」    
理学療法士 小山 拓海

*2022年2月

第39回回復期リハビリテーション病棟協会研究大会in東京(オンライン) 
「回復期病棟患者の能力に合わせた入浴への取り組み」       
作業療法士 山﨑 真穂 
「当院回復期リハビリテーション病棟での転倒者の実態調査」   
理学療法士 桜木 康仁
TOPへ戻る